高麗人参サプリメントが更年期障害に効果的!

トップページ ⇒ 更年期障害と頭痛対策

更年期障害と頭痛対策

頭痛は、更年期障害の症状の一つとして考えても良いでしょう。
これはホルモンバランスの乱れで、自律神経も乱れ、脳への血流が滞ることが原因になります。

 

この頭痛には大きく分けて2つの種類に分類されます。
この一つが緊張型の頭痛なのです。

 

この頭痛では、眼精疲労、肩凝り、ストレスがきっかけとなって、頭が締め付けられるような痛みを伴う症状が出ます。

 

そしてもう一つが偏頭痛です。
この偏頭痛は頭の片方だけが響くように痛むようになります。悪化すれば吐き気といった症状も出てきます。
さらに、音や光に反応して頭痛が起こる場合もあるのです。

 

この頭痛のタイプは、本人にしか分からないことです。ですので、痛みが重くなる前に対策していきましょう。

 

解消方法としては、どちらのタイプの頭痛なのかを見極めることによって違ってきます。
もし緊張型の頭痛であれば、筋肉を解すことが緩和に繋がりますし、偏頭痛の場合には暗い場所で安静にして頭を冷やすことが良いとされています。

 

この対策が間違っていると、悪化してしまうので気を付けましょう。

 

緊張型の頭痛の場合には冷やすのではなくて温めて血行を促進させていくと、痛みが和らいでいきます。
シャワーで済ませてしまう人は、湯船に浸かって、身体を温めてあげることも良いのです。

 

偏頭痛の人は身体を休めることが先です。疲れているのを感じれば、すぐに休みましょう。

 

痛みがなかなか緩和されない場合には、痛み止めを服用することも良いですが、痛み止めは胃を痛めることにも繋がるので、気を付けて服用しましょう。