高麗人参サプリメントが更年期障害に効果的!

トップページ ⇒ 食生活は改善すべきなの?

食生活は改善すべきなの?

更年期障害の症状に苦しまない為に、早いうちから食生活の見直しをすることをお勧めします。
しかし、どうして食生活の見直しをしなければならないのでしょうか?

 

ここではその理由の代表的な三つを取り上げて解説していきましょう。

 

まず一つ目に、食生活の見直しで自律神経の乱れを食い止める為です。
更年期障害の症状とは、ホルモンの分泌量が減少する中で起こってしまいます。
さらに心身共に不調であると自覚するのはホルモンバランスが崩れることで、自律神経が不安定となるからなのです。
もし食生活が乱れていれば、この自律神経はもっと悪化してしまうことになるでしょう。
こうした意味からも、食生活の見直しは早めにしておきましょう。

 

次に二つ目ですが、肥満になりやすいことです。
更年期に入ると自然と代謝が落ちてきます。これは男女共に言えることです。
こうして食生活が乱れ、肥満に繋がります。

 

肥満になる原因は、脂質を摂取し過ぎたり、炭水化物や糖分などを摂取し過ぎや、カロリーオーバーなることで、脂肪が蓄積しやすくなることが原因です。

 

三つ目ですが、この食生活の見直しをすれば、ホルモンバランスの乱れが、ある程度抑えられることです。
加齢と一緒にホルモンの分泌量が減少していくのですが、これは避けられません。
ですのでホルモンの分泌量を増やしてあげなければなりません。
女性の場合ですと大豆イソフラボンやカルシウムの摂取によってホルモンの分泌量増加になります。男性では、亜鉛やビタミンDを摂取することが良いと言われています。

 

毎日の食生活を見直すことが難しいようであれば、サプリメントなどを活用させて、不足した分を補っていきましょう。